想像してもらいたい。

 

あなたは宝物の在りかを見つけられると聞いて

喜び勇んで全く知らない異国の地にやってきた。

しかし周りに誰も何も教えてくれる人もいなくて、

ただ一枚の宝の在りかが記された地図を渡されたとしたら・・・。

 

その地図には確かに宝物の在りかが示されているのだが、

自分の今いる場所が記されていなかった。

 

「おそらくこっちの方角で間違いない」

その地図を買った時にある程度、その地図の販売者から宝物の在りかがある方角を教えてもらっていたので、あなたはおおよその見当を付けて歩き始めた。

しかし歩いても歩いても宝物の在りかは見えてこない。

いくらその方角に歩いて行っても宝物の在りかが見つかるような気配は無かった。

 

「本当にこの方角で合っているのだろうか?」

「自分は間違った方角に向かって歩いているんじゃ無いだろうか?」

 

やがてあなたは不安になり、悩み、迷い、疲れ果て、ついには

そんな現実から逃げ出したいと思い始める。

「これはきっと夢なんだ、目を覚ませばいつもの日常に帰れる、、、」と。

 

あなたの知っている現実は、

贅沢さえしなければ十分生きていける。

好きでは無いが毎日通える仕事や学校もある。

小さくても安心できる部屋もある。

自分と似たような家族や友人も周りにいる。

 

「ここで横になってテレビを観てる方がずっと幸せだ。」

「宝物の在りかなんてもうどうでもいいじゃ無いか。」

「それより会社や学校に行かなければいけないんだ。」

「見たいテレビもあるし、忙しいんだ。」

「忙しくて宝物の在りかなんか探している暇なんて無いんだ。」

 

そしていつしか、あなたは宝物の在りかを探していた事すら忘れてしまう。

 

 

あなたがアフィリエイトえ挫折したのはそういう事。

あなたにはサポートが必要だった。

四六時中あなたと行動を共にしてくれるサポートがいれば道に迷う事なく、宝の在りかを見つける事ができたはず。

 

しかし、あなたは独りだった。

だから、不安になり、迷い、悩み、苦しんだ。

そしてそんなふうにしている間中、サイトを作る手が止まり、その結果アクセスが増えることもなく、全く売れず、ただ時間だけが過ぎていった。

 

そしていつしかあなたは自分に言い聞かせるようになった。

現実はそんなに甘く無いのだと。

そしてあなたはアフィリエイトで成功する夢を諦めた。

 

違うか?

少なくとも私はそうだった。

 

でももしサポートがあったなら。

自分を四六時中支えてくれるサポートがあったならそんな事にはならなかったはずだ。

そんなサポートがもしアタッチシステムアフィリエイト(ASA)にあると言ったら・・・。

 

詳細は次回に続く。 >>