情報商材や高額塾で言う所のサポートと言えば

『わからない事があった時だけ電話やメールやチャットで質問に答えるサービス』
と言う所だろうか。

しかしそんな物で本当に人をサポートできるか、と言えば非常に怪しいと私は思う。

 

そもそもそれらのサポートには期限が設けられている。

1ヶ月とか3ヶ月、長くて半年ぐらいだろうか。

 

しかしサイトアフィリエイトというものは通常すぐに結果が出るものではない。

早くて3ヶ月、私の場合だと半年ぐらい継続してやっとそこそこまともな収入が稼げるようになった、という感じだ。

 

サポートがあると言っても、人がするサポートにはやはり限界があるのだ。

四六時中つきっきりでその人の事をサポートするなど到底不可能だろうし、

そもそもサポートされる側が何を聞いたらいいのか、自分に何が足りないのか、何が間違っているのか、それさえわからない場合がほとんどではないだろうか?

 

なので、結局のところそれらのサポートなど、それほど当てにできるものでは無い、というのが私の感想だ。

 

アフィリエイトで稼ぎ続けるには、一生学び続ける姿勢が必要だ。

これだけ学べば終わり、と言うことが無いんだ。

だから、他人のサポートなど当てにせず、自分自身で問題を解決できる力が必要だ。

 

つまり、

『わからない事は自分でネットで調べる。』

ということ。

それがネットで糧(かて)を得ようと考えている者の最低レベルの心構えだと思う。

 

そもそもサイトアフィエイトで稼ぐということは、検索のプロになるということなんだ。

売ろうとする商品を欲しがる人がどんなキーワードで検索するか事前に予測して、それに見合ったサイトを作る必要がある。

ユーザーが検索する前に、検索者のニーズを察知する能力が必要なんだ。

 

そのスキルを磨くには検索エンジンと向かい合い検索しまくる必要がある。

本当に指にタコができるぐらい検索する必要がある。

そうやってスキルを磨いてゆくものだと思う。

 

だから、わからない事があれば、徹底的に検索エンジンで調べればいい。

そうやって自分自身で検索エンジンに向き合い試行錯誤する過程を経なければサイトアフィリエイターとしての力は付かない。

『サポートが無ければ出来る自信がない。』

『直接、人に教えてもらえなければできない。』

そんな甘っちょろい考えはさっさと捨てる事だ。

あなたをサポートできるのはあなたしかいない。

この件については以前の記事でも書いたので参考にしてもらいたい。

アタッチシステムアフィリエイト(ASA)にはサポートは無い。 >>