私は常々、ライバルサイトのチェックをして、それらのサイトからアイデアを学ばせてもらっている。

しかしながらこれはアタッチシステムアフィリエイト(ASA)の手法(アタメソ)と違ってくる。

アタメソにはこう書かれている。

『ネット検索に依存しているとライバルとの差別化が難しい』

全くその通りだ。

しかし私の経験上、ライバルサイトからはものすごく多くの事を学べる。自分では到底思いつかないような優れたアイデアの宝庫と言える。

しかしながら、ここで言うのはあくまで『アイデアだけを学ばせてもらう』と言う事で、ライバルサイトの記事をそのままパクると言うことではない。

ただ、完璧なまでに書かれたそれらの完成度の高い記事を読むとそこから抜けられなくなるのは確かだ。

『参考にしつつも囚われない』

そう言う姿勢が大切なのだろう。

・私の知っているある有名なコピーライターは未だに10数年以上も前にヒットした『コピーライティングの雛形』を自分の書くコピーライティングに利用している、という話しを聞いた事がある。

あるクライアントから、出来上がったそのコピーライトが『あまりにも過去のものとそっくりだ』『パクリではないのか?』との苦情が来た事もあったらしい。

しかしそのコピーライターは物怖じすることなく、はっきり言ったという。

「これは過去に最も売れる事が実証されているテンプレートを使っている」

と、、、。

「新しいテンプレートを使うと、本当に効果があるかどうか、膨大な回数をテストして検証しないとわからない。

そんな予算や時間があなたにありますか?

売れるかどうかわからないものより、確実に売れる事がわかっているものの方が良いのではありませんか?」

この話を聞いて私は全くその通りだと思った。

アフィリエイターも同じだ。

アフィリエイターはクリエイターでもなければアーティストでもない。

私たちは単に物やサービスを売って儲けるためにアフィリエイトをやっている

オリジナリティーの高さや、芸術性などどうでもいいのだ。

そのやり方で『売れるのか?』『売れないのか?』その一点に評価はかかっている。

だから他のアフィリエイターの良い部分はどんどん取り入れるし、逆にダメな部分は反面教師として参考にする。