先日、アマゾンでサイト作成資料として購入した本をチェックした。

 

一部の書籍は資料としてはほとんど利用価値が無い、内容の薄い本(E-BOOK)もあったが、ネットで本を購入した場合、内容を確認できないのでこういう失敗は避けられない。

 

しかし、中にはかなり参考にできそうな本もあった。

それらの本にはネットで得られる情報と違って、ユーザーにとって本当に必要な情報が綺麗にまとめられている。

 

それらはSEOもキーワードも関係無く、ただ読者のために作られた本なのだから。

情報の信憑性もネットよりも格段に高いだろうし、確かに情報源としてはこれ以上のものは無いかもしれない。

 

ただ、本に書いていある情報はあまりに膨大過ぎる。

この中からどの情報をチョイスし、どういう切り口でサイト上で表現するか。

ここは私の腕の見せ所だ。

 

形ができるまではしばらく日数がかかるだろうが、この最初のサイトの設計部分は疎(おろそ)かにできない。

完全に自分が納得できるまで徹底的にサイト設計のアイデアを練ることにする。