今回、参入を決めた『家庭用脱毛器』関連の本を入手するために、休日に自宅近くの図書館に行った。

図書館で借ることができれば経費をゼロに抑えられる。

また借りられれば、本で部屋を狭くせずに済む。

本に限らず、物を買ってしまうと整理が面倒だし、部屋が狭くなる。

 

そもそも私は本に限らず物を買う事があまり好きではない。

以前は頻繁に本屋に通い、興味のある本を気軽に何冊も購入していたが、その結果、部屋がゴミ屋敷のように本でいっぱいになってしまった。

 

なので、今はなるべく本は購入しないようにしている。

立ち読みで済ますか、図書館で借りるか、、、。そもそも本自体をあまり読む習慣が無くなってしまったのだが、、、。

 

話をもどすと、

『家庭用脱毛器』に関する本を借りるために図書館に行ったわけだが。

残念ながらその手の関連本は皆無だった。

やはりタダで情報を手に入れる考えは甘かった、、、。

 

しかたが無いので、駅前の大型書店に行った。

大型書店ならなんでもあるだろう、と、、、。

しかしながら予想に反してその手の関連本を見つける事は難しかった。

 

『脱毛』関連の本は数冊あるものの、それらはいずれも、『脱毛してしまって悩む人』のための本なのだ。

つまり『薄毛』や『抜け毛』『ハゲ』に悩む人を対象とした本というわけだ。

 

これじゃ逆だ。

こっちは『脱毛したい人』『毛が生えすぎて困っている人』向けの情報を探しているわけだから。

つまり『美容脱毛』の関連本。

 

結局、本屋でその手の関連書籍を探すのはあきらめた。

 

となると、やはりネットで探すしかない。

ただ、ネットで本を購入する場合、本の内容を確認する事がほとんどできないので、当たりハズレがあるのが気になるところだが、、、。

「ここは思い切って、ハズレ覚悟で何冊かまとめて買うしか無いか」

そう腹をくくってネットで何冊か購入することにした。

 

アマゾンで検索すれば『美容脱毛』に関する本はいくつかヒットした。

しかしながら今回、私が一番欲しかった『家庭用脱毛器』に関する本はほぼ皆無だ。

 

しかたが無いので少し範囲を広げて『美容脱毛』全般について書かれている本を4、5冊アマゾンで注文した。

新品である必要は無いので、中古本があればそちらを買う事にした。

 

今回、書籍購入にかかった経費は3000円程度。

まだ利益が出ていないのだから、経費は極力抑えなければいけない。