あなたがサラリーマンで会社で働いたことがあるならわかるかもしれない。

業務命令は人生を破壊する。

 

あなたが最初にその仕事を選んだ時、なぜその仕事を選んだのか。

きっとあなたが選んだ仕事は、

あなたが事前にその仕事の内容をおおよそ知っていて、

興味があり、自分もその仕事をやってみたい、その会社で働きたいと思い、

その会社に面接に行き、そして採用されて、その職場で働くようになったのでは無いだろうか。

 

その仕事がどんな内容で、毎日どんなことをして、どれくらいの時間働いて、どれぐらいの給料をもらえて、どんな人たちがいて、どんな話をして、どんな1日を送るか、だいたい見当がついた上で、その仕事を始めたのではないだろうか。

今から始まる仕事の内容を想像して、きっとそれなら自分でもできると、きっとそれなら毎日はそこそこ楽しいものになるに違いない、

そう思ってその職場で働き始めたのではないだろうか。

 

自分の大切な時間、自分の人生、命を費やすのだから、自分で納得のゆく内容の仕事でなければやってられない。

自分のやりがいの感じられる仕事、納得できる収入、世間体も悪くなく、自分のプライドも満足させられる仕事、

そんないろんな条件を鑑みて、あなたはその仕事を選んだに違いない。

そしてあなたのサラリーマン生活はスタートした。

あなたが夢見描いた理想の仕事が始まった。

 

もしかしたら、それは側から見ると大変に見える仕事かもしれない、

しかし、それはあなたが納得して選んだ仕事なのだから、

他人から見てどれだけ大変そうに見える仕事であっても、

あなた自身は大して大変だとは思わないのではないだろうか。

 

そんなことは想定範囲で、会社に入る前からそんなものだろうと予想された内容なのだから、

それほどに苦にも思わないのではないだろうか。

人からどう思われようが、

毎日はそこそこ楽しく予想通りの人生を歩むことができたのではないだろうか。

 

しかし、会社には業務命令がある。

それはある日突然やってくる。

あなたが全く予期しない時に、

あなたが望もうが望むまいが御構い無しに。

 

業務命令は絶対だ。

あなたがサラリーマンである限り、業務命令には逆らえない。

服従しなければならない。

 

業務命令で人生は破壊される。

会社の都合であなたの人生はいとも簡単に変えられてしまう。

あなたが何を望もうが、どんな将来の夢を描いていようが、

あなたが何をしたいかなんて会社には関係ない。

会社の都合であなたの夢は簡単に書き換えられる。

 

あなたはある時、自分がそんな運命にいることを思い知らされる。

あなたがサラリーマンである限り、業務命令はあなたの計画を破壊する。

 

あなたはサラリーマンなんだから、会社の都合に従うしかない。

あなたは会社から給料もらっているのだから、会社の命令に従うしかない。

 

 

以前、私も業務命令でそれまでとは全く違う部署に配属を変えられたことがある。

そして私の人生の計画はすべて破壊された。

私の生活はたった一つの業務命令でめちゃめちゃにされた。

 

それまでは安い給料なりにも毎日楽しくやっていたものが、その日から仕事そのものが苦痛になってしまったのだ。

そうなると辞めるか、我慢して今の仕事を続けるか、のどちらかだと思うかもしれないが、

実際はそうではなかった。

辞めるか死ぬかなのだ。

 

私と同じような境遇の同僚がいた。

彼も業務命令で、それまでの職場とは全く違う部署に異動になったのだ。

 

意に沿わない異動だったが、彼は我慢して仕事を続けた。

今更、仕事を変わるにも、今の自分の年齢からでは遅すぎる。

転職すれば確実に収入は落ちるだろう、家のローンも残ってる、子供の教育費もある、家族を養わなければいけない、世間体もある。

そんなことを考えていると、いやでも辞めるに辞めれない。

だから彼は我慢してその仕事を続けた。

 

だが彼の心がそれを許さなかった。

彼はやがてうつ病になり、会社に行くことすらできなくなった。

 

そして彼は最後に自殺した。

うつ病になり自殺した。

 

私はその会社を辞めた。

だから辞めるか死ぬかなのだ。

業務命令はやめるか死ぬかなのだ。

辞めるか死ぬかの究極の選択を迫るもの、それが業務命令。

 

彼は真面目によく働く人間だった。

そう、彼は会社から将来を有望視されて出世したのだ。

 

しかしその仕事は彼が望むものではなかった。

出世はしても、やりたい仕事ではなかった。

 

ホントは出世なんてしたくなかったのだ。

ただ、会社や世間から、真面目に働き、会社に評価されることは素晴らしいことと思い込まされていただけなのだ。

 

出世して給料は少し上がった。しかし、彼の負担は何倍にも増えた。

そして彼は心を病み、うつ病になり会社すら行けない状態になった。

 

業務命令は人生を破壊する

業務命令は2つの選択を迫る。

辞めるか死ぬかだ。

 

だけど、その選択を避ける方法はある。

それがアフェリエイトだ。

アフェリエイトでの継続的な収入があれば、意にそぐわない業務命令があったとしても、

辞めるか死ぬかの究極の選択を迫られる必要はない。

第3の選択が、アフィリエイトで稼ぎさらに豊かになる、という選択があるのだから

 

しかし多くのサラリーマンは副業が禁止されている。

会社には就業規定があり、その中で副業は禁止されている。

第2の収入源を持つことは禁止されている。

 

もしも複数の収入源があれば、お金さえあれば、死ぬ必要なんてない。

他に収入さえあれば死ぬ必要なんてない。

しかし、会社はそれを許さない。

あなたに辞めるか死ぬかの選択を迫る。

 

だから私はあなたに言う。

辞めるか死ぬかの選択だけではなくて、

三つめの選択、アフィリエイトで豊かに生きる、という選択肢を作ったらいいのではないか、と

 

それは確実ではないかもしれない。

それはサラリーマンの収入のように確実に得られるものではないかもしれない。

 

しかし可能性は大いにある。

アフィリエイトで成功した先人たちは沢山いるのだ。

 

今この時代だからこそ、その道は開かれている。

辞めるか、死ぬかだけではなくて、さらに豊かに生きる、という道が。

今この時代に生かされているという幸運が、その道を、

その第3の道を、アフィリエイトでさらに豊かに生きるという第3の道を開いてくれている。