☆★ 今週の目標 ★☆ 2017年5月7日(日)〜5月13日(土)
※ 100日以内にサイトのプロットを立ち上げる事(残り13日→7日)

  • サイト構造の構築及び個別記事の作成。12%完了

(毎日の習慣)

  • ただひたすらに作成中のサイトに向かう。

(もしも過去をやり直せるならどんなふうにやり直したい?)

  • 失敗を恐れずもっとチャレンジする。
  • もっと集中する。徹底的に考える。アイデアを出し切る。
  • 過去のどんな事もそれのおかげで良かったと言い切る。
2017年5月7日(日)
(今日、感謝できた事)
今日は割と作業が進んだ。やはり作業が捗る時とそうでない時があるものだ。人生に波があるのと同じように、作業の進捗状況にも波があるのは仕方がないことだろう。その波をうまく乗りこなして行くのだ。楽々と乗りこなして行くイメージを持つこと。それは苦労なんかじゃなく、むしろ楽しい波乗りと思えばいい。実際に後で振り返ればそういう波があってこそおもしろ人生だったと思うに違いないのだから。

(明日の目標)
次、やるべき事をさっさとやる!

(一言)
人生の波を楽々と乗りこなすイメージで毎日を生きること。

2017年5月8日(月)
(今日、感謝できた事)
レビュー記事のプロットについて散々考えた。
アフィリエイトサイトで書く必要のある記事の中で、レビュー記事はおそらく最も大切な記事となるため、ここは考え抜かなければならない。
というのは通常商品は複数あり複数のレビュー記事を作成する必要がある。後でこれらのレビュー記事の構造を一部でも修正するとなるとすべてのレビュー記事を修正する必要があり非常に手間がかかるのだ。
とりあえず現段階で納得のいく形ができたものの、時間を置いて見直せば見直すほど修正点が見えてくるもので、今後もその都度修正をしなければいけない事になるだろう。しかしながら最初の時点で徹底的に考え抜いておけばその手間も少しは少なくなるはず。
最初に時間をかけておけば後が楽になる。

(明日の目標)
次、やるべき事をさっさとやる!

(一言)
最初に時間をかけておけば後が楽になる。

2017年5月9日(火)
(今日、感謝できた事)
ある有名な儲け系の情報商材販売者の動画講座を少し見た。そこではアフィリエイトで成功するには他人との差別化が必要だと語られていた。
ライバルサイトと違う自分だけの何か優れた『売り』のようなものが無ければ、ユーザから振り向いてもらえない。だから自分独自の強みをアフィリサイトに入れなければならないとの事。
確かにその通りだ。そういう話は他でもよく聞く。けれど今から、ゼロから、アフィリエイトを始めようとするものが、一体どんな強みがあるというのだろう?私も含めそんなゼロからスタートしようとしている挑戦者達にはそもそもそんな強みなどありはしない。
ただあるのは情熱のみ。だからただ情熱に従い、アフィリエイトをするしかない。最初はもちろん上手くはゆかないこともあるだろう。しかし作業を継続する中で、あたかも偶然のようなシンクロニシティーが必然的に起こる。何もない者はただ情熱だけを武器に、やるしかない。何もないくせに奇をてらった差別化など無理に作る必要はない。偶然のシンクロニシティが自分独自のものについて気づかせてくれるときが必ず来る。

(明日の目標)
次、やるべき事をさっさとやる!

(一言)
答えを急ぐな、偶然のシンクロニシティは必ず起こる。

2017年5月10日(水)
(今日、感謝できた事)
アフェリエイトという、この仕事に一つ欠点があるとすれば、それは孤独に耐えなければいけないということかもしれない。
人は1人では幸せを感じることはできない。
そもそも一人では笑えないし、長時間、一人でいるとただそれだけで全身の力が奪われてゆく。
私自身、休日など一日中、1人で、誰とも、一言も、喋ること無く過ごす日もあるが、そんな日の終わりは本当に気が滅入る。
人は孤独ほど辛く感じることはない。孤独はものすごいストレスになる。
人によっては1人でいるほうが気が楽だと言う人がいるかもしれないが本当だろうか?
たまの休みに1人でいるくらなら、それもいいかもしれないが、それが毎日となるとどうだろう?
かなりキツイだろうと思う。
私は副業アフィリエイターなので、一日中、一人でPCに向かいアフィリエイトの作業をするのは休日ぐらいしかないが、
これがもし本業でアフィリエイトをやっていたとすると、かなり精神的に負担になるのではないかと思う。
アフィリエイトで大変なのは実はそんなところかもしれない。
アフリエイターは常に孤独と隣り合わせだ、アフリエイトは孤独でなければできない。
誰か他の人と一緒にいたのでは作業進めることはできない。
記事を書くことも、Web サイトを作ることもままならない。
だから孤独でいなければならない。だが、その孤独が時に足かせにもなる。
アフィリエイターは相反する矛盾を抱えるものなのかもしれない。

(明日の目標)
次、やるべき事をさっさとやる!

(一言)
孤独を感じても、だからこそ作業が進むと思えばいい。

2017年5月11日(木)
(今日、感謝できた事)
アフィリエイトで紹介しようと考えていた案件がまた1つ終わった。これで今回このジャンルでアフィリエイトを開始してから2つ目となる。
広告の出稿を取りやめるのは企業側の自由だが、これではアフィリエーターはたまったものではない。
これについて対策を考えた。
売る商品を一つに絞り、他の商品はその商品を売るための比較対象として使う。
パレートの法則が働くのでこれで問題ないはず。
アフィリエイターにはその商品を売る自由もあるが、売らない自由もある。
結局、何が売れても利益さえ出れば構わないのだから。

(明日の目標)
次、やるべき事をさっさとやる!

(一言)
アフィリエイターにはその商品を売る自由もあるが、売らない自由もある。
結局、何が売れても利益さえ出れば構わないのだから。

2017年5月12日(金)
(今日、感謝できた事)
ベースとなる分のリサーチが済んで、雛形もできているので、後の記事作成の処理が早い。
やはり最初にサイトの基本となる部分をきっちり押さえておく方が良い。急がばまわれなのだ。
要するに段取りをきっちりやっておけば後の仕事が綺麗で早いのだ。
素人は深く戦略を考える事もなく、いきなりサイトを立ち上げて、適当な記事を書き始める。
そしてしばらく後、飽きて挫折する。
そんな愚かな事はもう繰り返さない。

(明日の目標)
次、やるべき事をさっさとやる!

(一言)
急がばまわれ

2017年5月13日(土)
(今日、感謝できた事)
当初の目標『100日以内にサイトのプロットを立ち上げる事』これについて、後1週間程度となるが、不思議と予定通り完了しそうだ。
目標を目に見える所に書いておき、毎日確認するようにすれば不思議とそれが現実となる。
ただし、自分でも無謀と思うような目標ではダメだ。
あくまで『それならできる』と自分で確信が持てる目標ならば効果は高い。やる価値はある。
もしか期日までにその目標に到達しないようであれば、脳はその目標達成させるためにアイデアを探し出す。
何もしなければ脳は楽な方を選ぶ。だから
目標は見える所に書き、毎日進捗状況を確認すれば、脳をサボらせずに、働かせることができるのだ。

(明日の目標)
次、やるべき事をさっさとやる!

(一言)
目標は見える所に書き、毎日進捗状況を確認すれば、脳をサボらせずに、働かせることができる。