毎年、確定申告では『やよいの青色申告』という確定申告用のソフトを使用している。

私はMacユーザーなので当初はMac用の『Macの青色申告』というソフトを使っていたのだが、

これが使えない。

 

頻繁にソフトが落ちてしまい、それまで入力していたデータが消えてしまうトラブルが頻発した。

しかしながらMacの場合、私の知る限り他に青色申告ソフトの選択肢が無いのだ。

なのでおそらくこんなダメソフトでも売れてはいるのだろう。

ライバルが無いのをいいことに、こんなパフォーマンスの低いソフトでも存続し続けることができるわけだ。

 

1年間はこのソフトを使ったものの、やはり使い物にならないのでWindows用のソフトに切り替えることにした。

ただMacにWindowsを入れる方法として最初は『Parallels Desktop』を使ってMac OS上でWindowsを起動させて使っていたのだが、これまた遅い。

 

結局、今はMacの『Boot Camp』を使いハードディスク上にWindws用のパーテイションを区切り、そこでWindowsを起動させている。

色々やってみた中ではこの使い方が一番安定しているようだ。

 

Windows環境を整えた後、最初は『ソリマチ』という青色申告ソフトを試しに使ってみたが、

このソフトにはインポート機能が無いことがわかり、結局今の『やよいの青色申告』に落ち着いた。

 

それにしても青色申告ソフトに関してはWindowsが優っているようだ。

一番最初に使っていた『Macの青色申告』とは雲泥の使い勝手の良さだ。

もしかあなたが『Macの青色申告』にストレスを感じているならば、さっさと『やよいの青色申告』などのWindows環境で動作するソフトに切り替えるのがオススメだ。